ねころぐ ~にゃんションLife @シンガポール~

2017年1月、夫の転勤で猫と一緒にシンガポールへ引っ越しました。 猫と人間がともに暮らしやすい、マンションならぬ「にゃんション」にするため日々奮闘中です。

2017年1月、夫の転勤で猫と一緒にシンガポールへ引っ越しました。
猫と人間がともに暮らしやすい、マンションならぬ「にゃんション」にするため日々奮闘中です。


数日前のことなのですが、カフェや雑貨屋さんが立ち並ぶエリア、チョンバルに行ってきました(^ ^)

案内してくれたのはこちらで知り合った日本人の方です。
なんと、猫カフェで知り合ったそこの店員さん!(╹◡╹)
もう数年シンガポールに住んでらっしゃるので詳しいし英語もとっても上手で羨ましい〜✩⋆。˚


地下鉄の駅で集合してからバスに乗ってチョンバルに向かいました。


チーズなど輸入食品のお店



カフェ併設のパン屋さん

オーチャードにも支店がある人気のパン屋さんの本店です。


美味しそうなパンがたくさん✩⋆。˚






カップケーキ屋さん

素敵な雑貨も置いてます(´∀`*)




そしてそして〜、




可愛い看板猫の居るお花屋さん❤︎


めっちゃ人懐こい〜(´∀`)


店内も素敵!


他にもたくさん案内してもらったのですがちゃんと写真撮ってませんでした…(´・_・`)
3時間ほどでしたが、シンガポールのお店情報や猫グッズ情報などいろいろ聞けて、さらに猫の話で盛り上がり楽しい時間でした✩⋆。˚




この日の晩ごはんは、チョンバルベーカリーで買って来たサーモンのキッシュ。



この日、UR氏は3泊のバンコク出張で不在でしたので1人ごはんです。

キッシュ、優しい味で美味しかったー!


次の日に食べたクロワッサンもサックサクで❤︎

美味しいパン屋さんがあるのは嬉しいなあ〜。
たくさんこれから開拓したいです(^ ^)


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


以前にも少し書きましたが、シンガポールの時差は日本と比べてマイナス1時間。

日本で朝5時40分に起きていたわたしは…


シンガポールでは毎朝4時半ににゃんずに起こされます(; ̄ェ ̄)

まだ真っ暗…


最初の頃は朝ごはんをあげたら二度寝してたのですが、この暗い朝の早朝時間が1日で1番にゃんずが活動的だということがわかりました。


パズーが珍しくよく動く!!


動く!!




このタイミングを無駄にしないようにパズーをダイエットさせるべく、二度寝せずにUR氏を起こすまで猫じゃらしタイムにすることにしました。


もちろんシータさんも活動的。



パズーは朝起こす時は「ご飯ちょうだい」ですが、



シータさんは「遊びなさいよ!」です。



もちろん、むーたんも活動的です。



…あ(; ̄ェ ̄)
奥にもう疲れて寝てるパズーの姿が…。



時差は1時間と言いましたが、実際はもう少しある気がします。
朝は7時過ぎてもまだ暗くて、このぐらいから夜が明けます。

逆に夜は19時過ぎてもまだ明るいです。サマータイムみたいな感じかなあ。



もちろん、朝4時半に起きてたら昼間眠くなるのでにゃんずとお昼寝してます。
今日は2時間も寝ちゃいました( ̄∀ ̄)


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
 


ここからしばらくこのシリーズ、一般受けしない感じの記事になります(⑉་ ⍸ ་⑉) 
シンガポールへ猫を連れて行くための検疫に備えるため行ったことを備忘録のために書きます。

今回はざっとした流れになります。


色々と調べると、にゃんずを連れてシンガポールに行くには検疫の準備に最短で2ヶ月はかかることがわかりました。
だいたいみなさん3ヶ月前くらいから準備始めてるようでしたが、我が家は3匹いるということと、この時わたしはまだ仕事をしていたので日程に余裕を持たせて4ヶ月前から準備を始めることにしました。



大まかな手順としてはこんな感じです。

①マイクロチップを入れる(★)
(我が家の場合すでに入れているのでこれは省略)
②狂犬病の予防接種1回目(★)
9月後半
(マイクロチップ入れるのと同じ日でも可)
③1回目から1ヶ月以上期間を空けて
狂犬病の予防接種2回目(★)
10月後半
④7日〜14日後に狂犬病の抗体価ができているかの血液検査
11月後半

動物病院で血液を抜いてもらったあと血清にしてもらい、生物科学安全研究所に送付
約14日後に検査結果が出て自宅に送付されるので抗体価が基準値まで上がっていることを確認(★)
⑤5種混合ワクチン接種(★)
11月半ば
渡航の1ヶ月前〜
⑥日本側の出国検疫の申請
12月末
⑦シンガポール側の入国検疫の申請
1月初め
渡航の1週間〜2日前
⑧内部寄生虫&ノミダニ除去(★)
1月下旬
渡航当日
⑨空港で検疫検査
1月31日


★マークは各証明書を動物病院、または検査機関で発行してもらいます。


にゃんずと一緒に渡航する飛行機の手配は早めにしないといけません。
わたしたちは引越しを決めたらまず1番に飛行機を押さえました。
人間のチケットが取れたら航空会社に電話して猫を連れて行く旨を伝えないと、他のお客さんで動物を連れて行く人がいたら動物枠が埋まってしまう可能性があるそうです。


動物病院に連れて行ったのは②③④⑤⑧

✖️3匹…(; ̄ェ ̄)
車もこの時売ってしまったので自転車と徒歩で通ったのでなかなか大変でした。

このあたりの記事がそうです。






通院にはchamoshuさんに借りたバギーが大活躍でした。



通院続きでしばらくにゃんずに嫌われたわたしです…orz




今日からブログ村のシンガポール生活カテゴリーに参加してみました(╹◡╹)
よかったら、ポチッとお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ




※この記事は2017年1月末現在の内容です。
今回の渡航に当たり、猫や犬を連れてシンガポールに行った方のいろんなブログを参考にしましたが、数年経つと色々と変わっていることがありました。
随時、両国の検疫に確認しながら進めることが必要のようです。




なんだか最近、シンガポールに来てからシータさんが非常に可愛いです。



美しさが際立ってます。



いや、もちろん可愛いのは日本にいる時からなんだけど…。



可愛いにもほどがあります。
罪深いです。



なんでだろう…と考えて理由の1つは床や家具などの色でしょうか。

東京の家⬆︎では、床や建具の色と同化しがちだったシータさん。


今の家は全体的に白っぽく、グレーやブルーが多いのでシータさんのレッドタビーが鮮やかに見えるようです。


"ここはわたしを引き立てる部屋ね"

日本に戻って、にゃんションをリフォームすることがあったら、床や建具の色は猫を引き立てる色にするというのも頭に入れておかねば( ̄∀ ̄)




にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ








というわけで、シンガポールでにゃんずと(UR氏と)暮らすためのにゃんション探しが始まりました。


これまでの経過↓







絶対条件が
・猫3匹OKのところ
・プライベートエレベーターのあるところ
(あと、もちろん家賃)


できれば…の条件
・バスルームに浴槽あり
・リビングが西向き以外
・ダストシューターが部屋の外(虫が上がって来たら嫌だ)
・高層階(上に同じ)
・床が大理石でなくフローリング
・スーパーが近い


そもそも猫3匹も飼える物件なんて、そうそうないのでは…と思ってたら、そこは結構大丈夫でした。
なんというか、オーナーとの交渉次第。
家賃が少し上乗せになったり、退去の時のクリーニング代が高くなったりはします。

日本では賃貸では「マンションそのものがペット不可」「ペット可、ただし小型犬のみ応相談」みたいなところが多いのですが、不動産屋さんのエージェントに聞くところによると、シンガポールでは部屋ごとにオーナーが違う場合が多く、おなじ建物でもオーナーによってペット可だったり不可だったりします。
また、犬より猫の方がOKの物件は多いそうです。

「猫は鳴き声気にならないし、日本みたいに畳が傷つけられるわけではないしね」
ということだそうです。
確かに大理石の床やコンクリートの壁ならさすがのにゃんずでもね。


ただ、猫可×プライベートエレベーターとなると、かなり数は少なくなりました。
それでも20軒ほどはリストアップしてもらい、実際15軒くらい見に行きました。

が、見に行った時の写真はほとんど消してしまってました(¯―¯٥)
(猫写真で容量が圧迫されているため)



残ってた少しの写真を載せます。



ここは、数少ないリビングがフローリングだったところ。

入り口の格子ドアが東京のにゃんションを彷彿とさせます。
ここはとても良かったのですが場所が少し不便でした。バスルームもシャワーのみでした。




ここは、前回見た猫の居たお家と同じマンション。
地下鉄の駅まで1分、建物の低層階はスーパーなどが入った商業施設でめっちゃ便利です。大阪で言うとグランフロントの上に住む感じ。

しかし…、この小さなシンク(¯―¯٥)
鍋1つ洗えるかどうかも怪しい…。
もちろん、お風呂もシャワーのみでした。

シンガポールではこういう感じのキッチンの物件が多かったです。
あまり自炊しない人が多いみたいで、水周りに力を入れてないみたい…orz



ここは、2人ともいいんじゃないの!と気に入った物件。
UR氏の職場まですごく交通の便がいいみたい。


キッチンもそこそこ広い!


浴槽も付いてる!窓もある!

ここは、ダストシューターが部屋の中にあることと床が大理石なこと以外は全て条件クリアしてました。

じゃあなんでやめたかと言うと…


広すぎました( ¯ᒡ̱¯ )  
120平米の3LDK…
1日が掃除で終わってしまいそう…。
にゃんずがどこに居るかわからなくなりそう…。

築15年の少し古めな分、広くて便利でも家賃がお手頃なようです。他に良いところがなかったらここにしようかとなりました。(その代わりUR氏も掃除しっかりやるんやでという条件で)

そんな時に見つけたのが、今の部屋。


浴槽、ある!!
しかもジェットバス付いてる!!( ⁰▱⁰ )


キッチンも、そこそこ!
なんと!
左下、ビルトインでワインセラー付いてる!!(⑉་ ⍸ ་⑉) 

もちろん、それだけではなくなんかピンとくるものがありました。
東京のマンション決めた時も、ほぼわたしの直感で決めてとても住み心地よかったので我ながら自分の勘はアテになると思ってます。


高層階でもなく(とは言え低層階ではない)、ダストシューターも部屋の中にあるんだけど、一気にここが気に入ってしまいました。

UR氏の職場までは少々不便だったのですが、「ここがいい!ここじゃなきゃシンガポール行かない!」とダダをこねた結果、ここに決まりました。


お風呂、すごく快適です(╹◡╹)


キッチンはまた別記事で書きたいと思います。




虫はね…、あいつには遭遇してないけどでっかいバッタがベランダに来ました( ¯ᒡ̱¯ )  


洗濯物干せん…( ⁰▱⁰ )


どうりで朝からむーたんが窓の外ばっかり見てると思ったのよね…。


パズーは全然バッタが動かないので、すぐに飽きたようです。

やっぱり日本と同じとは行かず不便なことはあるにせよ、家の中では快適に暮らしてます。
何たって、にゃんずが一緒やしね!




日本から持って来た爪とぎも、シンガポールで購入したキャットタワーのポール部分も麻縄だったので、ダンボールの爪とぎをVIVO CITYのペットショップで購入しました。


置いたら即バリバリバリ!
 


くねくねくね


スリスリすり


あ〜、やっぱりダンボールが恋しかったんやね(¯―¯٥)
もっと早く買ってあげればよかった。



シータさんがひとしきり爪を研いだ後はパズーのベッドになりました。


むーたんも使いたい…


むーたん、パズーがごはんを食べている間に奪った!


"よいではないか"

我が家で一番ダンボールの爪とぎが好きなのはむーたんやもんね。


なーんて言ってたら、あっという間にパズーが取り返してました( ⁰▱⁰ )

早くもう1つ買い足さなくちゃ!




ブログランキング・にほんブログ村へ

東京のにゃんションでは、ダイニングテーブルはパズーのベッドと化してました(*_*)

シンガポールでももちろんダイニングテーブルの上はパズーのお気に入りの場所。



"ここは食べ物が出てくるし"



"冷たくて気持ちええわあ〜"



下から見るとこんな感じ


これ、何かに似てる…。

お寿司屋さんの生簀のガラスにくっついてるアワビとかトコブシを裏から見たやつ!




たまに、こんな感じで遊んだりもしてます。




"あれ?"

"なんでや?"

"どーなってんねや…"


"おいらのねずみー!!"


テーブルは普段はなるべく傷防止にクロスをかけてるのですが、パズーが乗りたそうな目で訴えてくると外してしまいます(¯―¯٥)


昨日ははおいらの友達の
joli!joli!さんの引越しの日。



日本は最近めっちゃ寒くて
引越し当日の天気予報は
マーク出てたんやて。


大阪から東京まで
車で行くらしいから心配やったわ。


けど、昨夜連絡があって
無事東京着いたって。

おいらてるてる坊主になった
甲斐があったわ


なかなか効果あるんやで、これ。



joliさん大好き。
みんなおいらのこと
丸いだの太っちょだの言うけど

joliさんだけは
「お尻舐められるんだから、 
ひなちゃんよりスマートだよー( ̄∀ ̄)」
て言うてくれるねん。


そんなjoliさんの東京の引越し先は



おいらたちの住んでた
にゃんションやねん。





joliさん、おいらが留守の間
にゃんション頼むで。



…というわけで、東京のにゃんションにはお友達のjoli!joli!さんに住んでもらうことになりました。
joli!joli!さん達が大阪のマンションを売却して、東京でのマンション購入を考えてたとき、なかなか希望のところが見つからなかったようです。

「これからできるマンションをすぐに買ったとしたも入居まで1〜2年はかかるし、その間は賃貸に住もうかな」と言ってたので、

「えっ、じゃあ…。にゃんションに住む?」


なんて言ってみたらお互いのだんなさまも快諾してくれて実現しちゃいました( ̄∀ ̄)


わたしたちも誰かに住んでもらった方が安心だし、かと言ってこんな猫仕様にしてしまった部屋すぐに借り手つくのだろうか…なんて言ってた時だったので、まさに渡りに船!

しかもjoliさんなら、確実にわたしたちより綺麗につかってくれるー!(笑)


着いてすぐお家の写真を送ってくれたjoliさん。
ひなちゃんとちびちゃん元気そうでよかったー!!
長距離ドライブおつかれさま✩⋆。˚









わたしたち引っ越し当日はにゃんずのことでいっぱいいっぱいでめっちゃバタバタしてて、お家に最後サヨナラも言えませんでした(´;Д;`)
本当に夜逃げ(朝逃げか)のように出て行きました…。
お家の写真見て、しみじみ。
この家には4年間お世話になりましたm(_ _)m
ありがとうございました。

joliさんがどんな風に使ってくれるのかとっても楽しみです(^ω^)


 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

おいら、今日でりょこの家に来て
5年になるねん。

まあ、5年間いろいろあったわな。
なんでか知らんけど
えらい遠いところまで
連れて来られてしもたわ。


まあ、でもみんな一緒で
楽しいからええけどな。





パズー、5年間いつも笑いと愛と勇気をありがとう!
パズーは本当に誰にでも愛されていて、誰にでもゴロニャンで。
周りに愛されるためには、まず自分から愛せよの精神が本当に勉強になります。
これからもずっと元気でいるためにちょっとダイエットしような…(*_*)




そして今日は、友達のjoli!joli!さんのお引越しの日でもあります。

天気が危ぶまれていたので心配してます…(´;Д;`)

車でにゃんず連れて大阪から東京まで普通でも約6〜7時間。
どうか雪道になりませんように!(>人<;)

ひなちゃん、ちびちゃん、運転のだんなさま、お世話役のjoliさん!みんながんばれー!!

たま男くん、お空からみんなを見守っててね!




 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント返信コーナー

Origanumさんへ
パズーがやっつけたのはGではなく蛾です( ̄∀ ̄)
この記事でしょうか?




というわけで




にゃんずと一緒にシンガポールに行くことを決めたのが9月の後半。

わたしとにゃんずが引っ越す1月末の前に、UR氏だけ先に12月に引っ越してもらい(この時UR氏は会社の寮)、お部屋の状態を整えてもらうつもりです。
そのため11月には部屋を決めたいところです。
にゃんずの検疫の書類や予防接種などの準備をするのと並行してシンガポールで住む家を探さないといけません。

9月に行って内覧した時は、UR氏だけが住む想定で不動産屋さんのエージェントに家を探してもらっていました。
ので、猫飼育可を条件に入れていませんでした。

次に内覧に行くときは「猫飼育可」を条件に入れて再度探してリストアップしてもらうことにしました。


そしてもう1つ、わたしの中でシンガポールで猫と暮らすのならどうしても譲れない条件がありました。

それは、「プライベートエレベーターがある物件」

日本だとあまり聞きなれないものなのですが、これが我が家のにゃんずの場合大事な条件でした。


プライベートエレベーターとは、そのマンションの縦の列が同じ部屋の人だけが使えるエレベーターです。
例えば10階建てで1つの階に3部屋あるマンションだと、101号室、201号室、…1001号室の人は専用のAエレベーター、102〜1002号室の人はBエレベーター、103〜1003号室の人はCエレベーターを使うことになります。
専用エレベーターに乗るときに部屋の鍵が必要となり、201号室の人はBとCのエレベーターを使うことはできません。


これがなぜ重要かと言いますと…。

普通のエレベーターの物件だと、日本のマンションと同じような感じでエレベーターを出たあと共用廊下を通って部屋の前まで行きます。

シンガポールの家は、共用廊下から部屋の入口のドアを開けるとすぐにいきなりリビングなんです。
玄関とか、廊下とかありません。

こんな感じ↓


指で描いた雑な絵ですみません(T . T)
タッチペンが引っ越してから見当たらないのです…


東京の家では、いつも玄関でパズーが待ち伏せするので廊下に脱走防止ドアを付けて二重ドアにしてましたが


シンガポールの家のこの造りだと脱走防止ドアを付けることは難しく


こうなる危険が非常に高いです(T . T)
特に外に夢を見る出たがリーヌ王子のむーたんと、人間大好きくっつき虫パズー。
人間が外出する時、帰って来たときに外に出てしまいそうです( ⁰▱⁰ )
これは本当に由々しき事態です。


ですが、プライベートエレベーターのある部屋だと、エレベーターから出たあと部屋のドアまでの間にエレベーターホールがあります。
こんな感じ↓


なので、万が一にゃんずがドアから出てしまっても、エレベーターのドアが二重ドアになって脱走を防げます。



9月に内覧したときに一軒だけこの造りの部屋があって(猫のいたお家です)、絶対にシンガポールで猫を飼うならプライベートエレベーターだ!と思ったのでした。



人間目線では

築3年から10年以内の物件がいい、とか
→新築だと不具合が出ることが多いので何人か住んでメンテナンスされた後のが住みやすい

リビング西向きは嫌とか
→赤道直下の西日はすごい


地下鉄の駅が近いところがいいとか
→バスも縦横無尽に走ってますが、降りる場所がわかりにくい


バスタブがついてるところがいいとか
→見た中では付いてるところは半分くらいでした

他にも色々条件はありましたが、人間はなんとかなるので、

・ペット(猫)可物件
・プライベートエレベーター付き

これを絶対条件にして不動産屋さんに何軒かリストアップしてもらい11月に内覧しに行くことになりました。



結果、色々細かい気になるところはありますが、なかなか良いにゃんションを見つけることができました(*´∇`*)

最近、にわか雷雨(スコール?)がすごいです。



次回のにゃんずとの渡星準備シリーズでは実際に内覧に行った時の話を書きたいと思います。






コメントお返事コーナー

●Origanamさんへ
惜しいですー!ラルク聴きながら走ってました( ̄∀ ̄)



UR氏のバンコク出張も明日で終わり!
特に1人と3匹で問題なく過ごせてます。

一番心配だったのがにゃんずの体調ですが、みんな各々生活のリズムを取り戻して来ました。

わたしもなんとなく生活リズム掴めて来ました。

なので、マンションの共用施設のトレーニングルームに行って軽くゆっくり走ってきました(╹◡╹)

90年代のヒット曲聴きながら走ってます( ̄▽ ̄)

トレーニングルームと言ってもランニングマシンとエアロバイクが1台ずつ、あとトレーニングマシンが2台あるだけの小さな部屋です。

日本だとトレーニングルームのあるマンションてそんなにないけど、シンガポールの外国人向けコンドミニアムだとトレーニングルームもプールもほぼ付いてます。
ここはかなり小規模な方です。その分他のコンドミニアムより水回りに力を入れてくれていたので選びました。

にゃんション選びのこともまた書きたいと思います。


走った後は思い出したかのようにこんなの引っ張り出してきました。



TRFのダンササイズ!( ̄∀ ̄)
ジョイントマットがここでも大活躍です。



いや、みなさんにゃんずやわたしの体調心配してくださって有り難かったんですけどもね…。

お引越し前から外食やお惣菜が続いてたからむしろ太りましたのですよ…orz



その、「どーせ続かんやろ?無駄やろ?」て顔やめてくれませんかね…( ¯ᒡ̱¯ )  


パズーなんて昨日、テレビの修理のおじさんに
「この子はお母さん猫ですか?」なんて言われたんやからねー(; ̄ェ ̄)

お腹の中に入ってるのは子猫ではなく、愛と勇気と夢と脂肪です。


パズーも寧ろ少し太ったくらいです…orz
こっち来てからちょっとチヤホヤおやつあげすぎたかも(; ̄ェ ̄)
パズーも生活リズム掴んだんやからダイエットやでー!



ちなみに、二番目の心配はUR氏の居ない間に◯キブリが出たらどうしよう…てことಠ_ಠ

幸い今の所にゃんション内とその周辺では遭遇してません。
(街中ではたまーーーに死骸を見ます)



コメントお返事コーナー

●ひらりさんへ
わたしも見直したらむーたんに見えました( ̄▽ ̄)
わたしが枕代わりに丸めて使ってる無印のバスタオルです。

●いそこさんへ
夜も25度以上あり、外では半袖です。
日本(東京や大阪)の8月前半みたいな感じでしょうか。
たまにザッと通り雨みたいなのがあるので折りたたみ傘はあったほうがよいです。
あと、建物の中やバス電車の冷房が寒いです(; ̄ェ ̄)脱ぎ着しやすい長袖必須です。よい旅になるといいですね!