「好きな果物は?」
と聞かれたら、
「マンゴーとらさくらんぼ(佐藤錦)」
と答えていたわたし。

日本に居たときは、どちらも季節になると産地直送で箱買いしてました。




ですが今は南国シンガポール🇸🇬
佐藤錦は一箱10000円以上します…orz


その代わり、マンゴーは安い。
タイやインド、ミャンマーなど近隣国で栽培されたマンゴーがなにかしらの品種がほぼ年中手に入ります。


その中でも大好きな品種、インド産のアルフォンソマンゴー。
これはシンガポールでも4〜6月くらいしか手に入りません。
(日本では検疫の関係で生での輸入不可。日本で使われてるアルフォンソマンゴーは全て缶詰やピューレで輸入したもの←マンゴーが好きすぎて詳しくなった)

そしてそのアルフォンソマンゴーの季節ももうすぐ終わり。

ついに、箱買いしてしまいました(⑉་ ⍸ ་⑉) 



アルフォンソマンゴーは小ぶりですが、甘みが強く、味も濃い。
マンゴーの王様と言われています。


その王様が、なんと1箱19.9ドル!(約1600円)
こんな値段で買えるなんてーーー❤︎



いくつかはそのまま食べて


残りはカットして冷凍したりヨーグルト用のピューレにしようかな〜♪


…て考えながら熟れ具合チェックしてたら




パズーが箱に入ってました(笑)


この箱の大きさだとまだ余裕あるみたいです。



日本でお気に入りだった沖縄マンゴーの箱 ⬇︎


パンパンすぎて変形してました。


太ってキツくなったからか、シンガポールにも持って来たけどこの箱入らなくなってしまったんですよねー…。




"郷に入らば郷に従え、て言うやん?"



"やから、おいら"


"沖縄マンゴーのことは忘れて"



"これからはこの箱でやってくわ"



シンガポールでは、わたしの好きなさくらんぼ(佐藤錦)は高くてとても買えたもんではありませんが、その代わり日本では手に入りにくいトロピカルフルーツ(マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツなどなど…)をたくさん食べることができます。
シンガポールにいる間はさくらんぼのことは忘れて、マンゴーを楽しむぞ!!


UR氏が日本に帰任するのはぜひともアルフォンソマンゴーの季節が終わってからにしてほしいところです。





にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 




シンガポールでこの子の里親さんになってくれる方を探しています。



詳しくはこちらの記事を見てくださいm(_ _)m 
➡︎★★★

よろしくお願いします。